吉川 弾 Profile

吉川 弾 (ヨシカワ ダン)
YOSHIKAWA DAN

■演奏楽器 : ドラム、カホーン、パーカッション、ベース

■その他 : コーラス、作曲、編曲

10 月15 日生まれ
兵庫県姫路市出身
幼少の頃より音楽に興味を持ち、エレクトーンを始める。
高校でトランペットに転向、同時に、ギター、ベースを独学で始める。
大学在学中にオーケストラでリードトランペットを担当。
23歳から独学でドラムを始め、2002年・2007年に渡米。
ボストンにて 現在マーカスミラーバンドのドラマーLOUIS CATOに師事。
ボストン『Wally's Cafe』 にてAmy Bowles・Louis Cato等と共演。

1994 年頃より「Mega Tone Jazz Orchestra」にて、兵庫を拠点にしたライヴ活動を開始。
2002 年には関西のミュージシャンを多数率い、自己のリーダーバンドを結成。
2003 年より、全国でも知名度のある 高槻ジャズストリートに毎年出演。
同時に、自己のリーダーバンド「BJDAN」を結成し、本格的にプロ活動を開始。
関西にとどまらず、関東を中心に、全国のライヴハウスや様々なイベントに出演し、活動の場を広げていく。
2007 年よりFM79.3MHz にて『吉川弾のJAM TALK JAM』放送開始
日本の第一線で活躍する豪華なミュージシャンのゲストを迎えた自身の番組を持つ(現在も放送中)

2009 年より関東と関西、両方に拠点を持ちつつ活動する
同じく2009 年シンバルメーカー『Zildjian』とエンドースメント契約。
2012年ドラムメーカー『Pearl』とエンドースメント契約。
2012年姫路国際短編映画祭、姫路ジャズストリートの音楽プロデューサーに就任。
2013年2月、東京に完全移住する。
2013年4月より『尚美ミュージックカレッジ専門学校』にて、教鞭を執る。

 


■近年の活動歴

――――――――――――――――――――――――

■2005 年 東京のジャズロックバンド「Qui」に加入。

○2008年5月 Album「QUI」 全世界リリース。
(フランス盤はMUSEAより、日本盤はPOSEIDON RECORDSより)
Music Term にて、2008〜2009の月刊売れ筋No.1を記録し
世界各地、様々な音楽情報サイト・音楽雑誌等で、その活躍が取り上げられる。
○2008年7月 Progressive Rock Compiration Album「Jap's Progre」リリース。
○2009年9月に都内で撮影されたライヴDVD「Qui Super Live」リリース。
○2009年9月アメリカで開催された「Progday」世界規模のイベントに参加。
○2010年「Progday」のドキュメンタリーDVD発売。
○2011年 数々のライヴ版を「Qui Live」として「HoyHoyRecords」よりリリース。
○2012年 5月 2ndアルバムリリース。
――――――――――――――――――――――――

■同じく2005年 沖縄系オリジナルユニットバンド「ニライカナイ」に加入。

○2007年 環境省・三井住友銀行主催エコジャパンカップ2007 準グランプリ受賞
東京ビッグサイトにて授賞式及び演奏
○2008年 東京国際フォーラム出演
○2008年 NHK「渋谷DEどーも」生出演 総合・BSハイビジョン「地球エコ2008」生出演
○2008年4月 Album「ニライカナイ」 リリース
○2008月6月 ビクターエンターテイメントCHIKYU RECORDS よりメジャーデビュー
「地球のうた 〜ejcエコミュージックvol.1」リリース
――――――――――――――――――――――――

■2008年12月〜現在 宮崎隆睦(Sax、ex.T-SQUARE)グループに加入。

○三代目T-SQUAREのSAX奏者でもある宮崎隆睦とのグループは、年に5回程の関東関西
中国地方中心に活動するツアーバンドとして結成。バンドメンバーが全員関西出身であるからか、
洗練された演奏とは正反対のお笑いトークも人気がある。
ジャズファンク、ソウル、 フュージョンユニット。アメリカ、ヨーロッパの最新のジャズファンク曲の
カバー、そして、 2012年からは、メンバー全員のオリジナル曲を中心に、都内をから全国へと、活動の場を
広げている。メンバーは、宮崎隆睦(Sax)、呉服隆一(Pf),笹井BJ克彦(B)from Indigo uam unit、吉川弾(Ds)
○2012年10月にはゲストに伊東たけし(Sax、T-SQUARE)を迎え六本木OrangeLadyにてライヴ。
好評を博す。
○2013年 メンバー全員ののオリジナル曲をライヴ収録、7月にDVD発売予定。
――――――――――――――――――――――――

■2009年3月 ジャズピアノトリオ「Protean」 結成。若手ジャズピアニスト、
田中菜緒子(Pf)率いるジャズピアノトリオ。ハービーハンコック、キースジャレット、に影響されジャズに転向。
美しいメロディーのオリジナル曲を作曲し、繊細かつアグレッシブな演奏には定評がある。
メンバーは、瀬戸尚幸(B)、吉川弾(Ds)
○2009年12月5日 Protean“protean”をCATFISH RECORDS よりリリース。
メンバー全員書き下ろしのオリジナル作品を提供。4ビートジャズから、ラテン、ファンク、と幅広い個性で
出来たアルバムとなっている。
――――――――――――――――――――――――

■同じく2009年 海外で活躍していた エレクトロトラックメーカーJoseph Nothing と共に
「Joseph Nothing Orchestra」を結成

様々な国内のイベントに出演、好評を博す。
○2010年12月 化粧品メーカー「shu uemura」のweb、世界中のshu uemuraの店頭でかかるクリスマス商
品の音楽を手がけた。吉川はドラム、ベース、パーカッション、アレンジで参加。
○2011年4月15日に1stアルバム『SUPER ERTH』をVirgin Babylon Records よりリリース 。
○2011年6月〜7月 山形、盛岡など、東北方面へチャリティーイベントを含めリリースツアーを敢行。
○2012年5月4日にVirgin Babylon Records 主催『Virgin Babylon Night vo1』を渋谷WWWにて開催。
発表日、即日SOLD OUT 。渋谷WWWで開催された。観客は数百人にのぼり、超満員となった。
Joseph Nothing Orchestraは、Joseph Nothingとドラマーの吉川弾からなるユニット。吉川の演奏する
生ドラムとスラップベースに、Joseph Nothingの奏でるアシッドシンセと特異なヴォコーダーを乗せる手法で、
ロック、テクノ、ポップスをミックスした異次元な世界を創り出す。その活動は、ナタリー誌、OTOTOI誌等、
音楽誌にも特集される。FM東京『村上隆の芸術道場』にも出演。
――――――――――――――――――――――――

■2011年3月 太田朱美(Fl)グループ 年に数回の関西ツアーサポート。
――――――――――――――――――――――――

■2011年7月〜現在 山口マリ(Sax)with Friends 加入。ポップス、フュージョン、ラテンジャズユニット。
に3〜5回のライヴを大会場にて行う。客席は毎回満席でキャンセル待ちの列が並ぶ程。
■2012年9月30日  アルバム“Four seasons”をBrush Music Labelからリリース。
1stALBUMはロスで、今回の2ndALBUMは日本でレコーディングした。メンバーは、西川和一郎(B)、
呉服隆一(Pf)、吉川弾(Ds)レコ初ライヴでは、客席はSOLD OUT となり、CDは一日で100枚以上
売り上げ今も売り上げは伸び続けている。
■2012年9月〜現在 DOST結成。カホーン、コンガ、パーカッション全般,ベースを担当。
年に数回のライヴ活動。トルコの楽器OUD(ウード)を柴山哲郎、ペルーの楽器CAJON(カホン)を
吉川弾が担当し、トルコ音楽を中心に演奏するバンド。ライヴは2人でのトルコ音楽、そして、
ループマシンを駆使し、寸劇ならぬ語り部、踊り、笑い、時には観客を巻き込んで2人とも一緒に踊る、
というようなユニークな芸術的要素を取り入れたスタイルで、自然に会場が笑顔に 包み込まれる
パフォーマンスを展開する。
――――――――――――――――――――――――

■2012年12月〜現在 こじまいづみ(花*花)ユニット。花*花のボーカリスト、
こじまいづみ氏の新ユニット。
こじまいづみユニットは、こじまいづみ氏の作詞・作曲したものを
メンバーが編曲しライヴ活動を開始している。ドラム、カホーン、コーラス担当。
――――――――――――――――――――――――

■その他 JAM Company with Zooco & 村上てつや(ゴスペラーズ)、
Zora Young(Vo)from Chicagoジャパンツアー、平木かよ(Pf) from N.Yジャパンツアー、
モリダイラ楽器主催F.I.H全国ブルースハープコンテスト、YUKI(JUDY AND MARY)、
他、様々なアーティストのライヴサポート。
自己の企画のJAM SESSION(様々なフォーマット、様々なミュージシャンとコラボレーションする
セッション。
ポップスユニットから、ロックギタートリオ、ジャズピアノトリオ又はサックスカルテット、
歌ものソウルユニット、ファンクオルガントリオ、ホーンセクションを入れたラテンカルテット、等々、
ジャンルにとらわれずに取り組む。
時にはドラム2台、ドラムとパーカッション、ドラムと舞踊、篳篥、三味線と打楽器とかのコラボレーションも
日々研究している。)自己のユニットでのライヴ活動、東日本大震災の被災地での、ドラムとPCを使った
ソロライヴ、打楽器講師、様々なバンドでの作曲、または編曲、等。
――――――――――――――――――――――――

■主な共演及びレコーディングアーティスト(敬称略)
YUKI(Vo 元JUDY AND MARY)・花*花(Vo こじまいづみ)・ギラジルカ(Vo)
BELLRING少女ハート(アイドルユニット)中川じゅんこ(Vo)・ZORA YOUNG(Vo)・東原力哉(Ds)
zooco(Vo元エスカレーターズ)・ DAMO SUZUKI(独のバンドCANの元Vo)・村上てつや(Voゴスペラーズ)
石田純一(俳優 Vo)・冨田ラボ(Key)・深見かよ(Vo)・円道一成(Vo)・藤野ひろ子(Vo)
続木力 (Harp,Vo) 妹尾隆一郎 (Harp,Vo) ・八木のぶお (Harp,Vo) ・エリックミヤシロ(Tp)
原朋直 (Tp)・伊藤たけし(As,T-SQUARE)・宮崎隆睦(As,T-SQUARE)・守屋純子(Pf)・
近藤和彦(As,熱帯JAZZ楽団)
DAMIAO GOMES DE SOUZA(Per)・Aaron Bellamy・Amy Bowles・Louis Cato・Jeff Lockhart 他多数。


■演奏スタイル
様々なバンド、ヴォーカルユニットをサポートしつつ、ソウル・ポップス・ファンク・ブルース・ジャズ・
ロック・ラテン等 ジャンルにとらわれないスタイルでグルーヴに重きをおいて演奏することを心がけている。
活動は様々なメディアにて紹介されている。
(東京国際フォーラム誌)(NHK) (TOKYO FM)(ナタリー誌)(OTOTOI誌)(BS日本TV)(CS日本TV)


Mail dankichi1015@ybb.ne.jp
HP http://yoshikawadan.com/